title
カウンター
サイトマップ 利用規約 English
トップ原子力安全技術支援 > 放射線測定の技術支援

放射線測定の技術支援

  放射線障害防止法関連の法整備では、国際機関が策定した「国際基本安全基準」を取り入れた規制を免除する核種毎の放射能(Bq)、放射能濃度(Bq/g)が導入されました。この取り入れにより、放射性同位元素の安全規制がより科学的かつ合理的になり、貿易や国際輸送の円滑化、安全性向上が図られるとされています。
  一方、NORMや微量の放射性物質を含む輸出入物に関しては、一部で簡易的な放射線測定が行われていますが、場合によっては、廃棄物に含まれる核種のサーベイと同様に、放射性核種の同定やエネルギースペクトルを測定して、安全・安心のレベルを高めることも必要とされます。
  当センターでは、ISO22188で規定された性能を有する放射線測定器、γ線スペクトル測定器(半導体検出器等)と測定技術の経験を用いて、放射線測定に係る技術支援が可能です。守秘義務を課した技術スタッフが対応しますので、有効に活用していただけると幸いです。


お問い合わせ: webmaster@nustec.or.jp