title
カウンター
サイトマップ 利用規約 English
トップ確認校正サービス > サービスの概要

サービスの概要

 放射線測定器(サーベイメータ)は、経年劣化や不具合などにより、正しい測定値が得られなくなることがあるため、日常の点検の他に、定期的(年1回以上)な校正が望ましいとされ、計量法に基づく認定事業所に校正(実用校正)を依頼した場合は、国家標準につながるトレーサビリティが保たれた校正定数を得ることができます。
 しかしながら、校正に係る費用や日数等の関係で長期間校正されずに使用されている現状があるとして、これらの測定器による測定の信頼性を確保するために、「確認校正」の考え方が日本工業規格JIS Z 4511(照射線量測定器、空気カーマ測定器、空気吸収線量測定器及び線量当量測定器の校正方法)に規程されています。
 確認校正は、実用校正に比べ簡易的な方法でありながら、測定結果については公的データとして扱うことができ、短期間・安価なサービスになっています。

確認校正のメリット
1.
確認校正は、サーベイメータの実用校正による校正定数が継続して使用可能か否かを判定する校正方法であり、実用校正とは異なった手法ですが、その結果は同格とされています。
※環境省発行の「生活空間の放射線測定基礎知識(平成24年8月)」でも紹介されています。
※判定基準から外れた場合は、故障等が考えられるのでメーカ修理をお勧めいたします。
2.
測定結果は公的データとして扱うことができます。
確認校正は、経年による変動幅により判定を行いますので、年1回を目安に継続して同一機関で行うことをお勧めします。
3.
校正でお預かりする期間は、2週間程度です。
4.
確認校正の費用は、アロカ†社製の場合、1台あたり以下のとおり。
・NaIサーベイメータ(TCS-171)  :12,000円(税抜)
・GMサーベイメータ (TGS-131)  :12,000円(税抜)
・電離箱サーベイメータ(ICS-311) :14,000円(税抜)
 † 現株式会社日立製作所扱い。
また、時期により、アロカ株式会社、日立アロカメディカル株式会社、株式会社日立製作所の製造となります。
対象機器、費用、お預かり期間等の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

公益財団法人原子力安全技術センター 防災技術センター
〒039-3212 青森県上北郡六ヶ所村尾駮野付1-67
TEL 0175-71-1185
FAX 0175-71-1175
Mail kakunin_kousei@nustec.or.jp

 

最終更新:平成28年4月11日