title
カウンター
サイトマップ 利用規約 English
トップ沿革 > 創立35周年記念講演会

創立35周年記念講演会

創立35周年記念講演会実施報告
 
 創立35周年を記念して、これまでの事業運営の成果を振り返るとともに、福島第一原子力発電所事故への当センターの取り組み、当センターの将来展望、今後の事業運営について紹介し、もって我が国の原子力利用の健全な発展に引き続き寄与することを目指し、記念講演会を開催した。

1.開催概要

(1)

(2)

(3)

日 時 : 平成27年10月1日(木)16時00分〜17時50分
場 所 : 東京富山会館5階大会議室
プログラム
 
  16:00  開会の挨拶
16:05  特別講演「放射線が拓く生命の謎」
会  長  石田寛人

  東京大学大学院農学生命科学研究科教授
原子力委員会委員 中西 友子先生
  17:05  原子力安全技術センター最近の事業展開と成果
17:20  福島第一原発事故への当センターの取り組み
17:35  原子力安全技術センターの将来展望
17:50  閉会の挨拶

理事長  数土幸夫
理  事  吉田昌弘
常務理事  熊本文生
理  事  石川一郎
 

2.開催結果
 記念講演会は、82名の参加を得て盛況であった。
 石田会長の開会の挨拶の後、中西先生から特別講演「放射線が拓く生命の謎」と題して、放射線やアイソトープを利用することで、これまで解明されていなかった生命(植物)科学の知られざる世界についてお話をいただいた。
 数土理事長による原子力安全技術センター最近の事業展望と成果では、これまでの35年間の歩みを振り返るとともに、新しい公益法人制度における当センターの取り組み及び事業の成果について講演があった。
 吉田理事からは、福島第一原発事故への当センターの取り組みを紹介するとともに、次世代に繋げる取り組みについて講演があった。 
 熊本常務からは、中期目標を踏まえた将来展望に向けた当センターの運営方針、実施状況についての講演があった。
 最後に石川理事の閉会の挨拶で講演会が締めくくられた。



石田会長による開会挨拶

中西先生による特別講演

数土理事長による講演

吉田理事による講演

熊本常務による講演

石川理事による閉会挨拶